今日は、
「座ってるお母さんと、ストレッチはなぜ必要なの?」のお話です。

 

ストレッチが必要なのには理由があります。

それは

筋肉が縮むことしかできないからです。
脳からの指令に「伸ばせがない」から。

今回もヘタっぴーな絵で分かりにくいのですが(ヘタっぴ〜な絵は、継続予定)、左は力こぶをつくっています。右は伸ばしています。

この力こぶは「上腕二頭筋」という筋肉で、ヒジを曲げる時につかう筋肉です。
力こぶがポコっと出るのは「上腕二頭筋」が縮んでいるから。

ヒジを伸ばすときはどうでしょう?
力を抜けば伸びるよね?と思いますか?

先ほどお話ししたように、筋肉は縮むしかできません。

と、言うことは?

今度はヒジを伸ばす筋肉が縮むと言うことです。
このとき「上腕三頭筋」という筋肉が縮みます。

「筋肉が縮むしか出来ない」を何となくイメージしていただけましたか?

縮むことしかできない筋肉。
縮こまり過ぎるとうまく使えなくなります。
ちなみにこれが「コリ」です。

では、お母さんです。

ワンちゃんはこのあとお昼寝をしてしまいました。
でもお母さんはこのイスに座ったままテレビをずっと見てしまいました。
お母さんは足がシビレてしまいました。

なぜでしょう?

お友達とごはんを食べたりおしゃべりしたり。
長い時間同じ姿勢でイスに座っていて、お尻から下がシビレた事はありませんか?

私はよくあります。

これ、「血行不良」です。

筋肉には酸素や血液を循環させる役目があるので、同じ姿勢でいて筋肉を動かさないとその役目がはたせません。
同じ姿勢でいたという事は、縮んでいた筋肉は縮みっぱなしでいたという事です。
縮んだ筋肉を伸ばして血行を良くしてあげる事が必要です。

その後のお母さん。
お尻の辺りからモモの裏をストレッチ。
シビレもとれてスッキリです。

 

今回ちょっとシビレの話しが出たので、

次回は

私のシビレ体験
のお話しです。

おしまい