今日は、
「これ、重心です。」のお話しです。

 

前回の
「片足で立つと、足を真ん中にもってくる」。
これ、重心です。
自然にカラダの真ん中に重心をもどしてバランスをとっています。

何気なく生活をしていると、
「いま重心ずらしたわ!」と思う事はないと思います。
でも、カラダは動かし続けています。

例えばスクワット。
お尻をゆっく~り下げて行くと、後ろに倒れてしまいそうになります。
そのとき、両腕を前に出してバランスをとります。
コロコロ後ろに行ってしまった重心が、腕を前に出すことによってカラダの真ん中にもどります。これで、後ろに倒れないでスクワットをする事ができます。

イスから立ち上がるとき、蹴り込みがないと立ち上がりにくいのもその為です。

行こうとする方向に重心がないと行きにくく、その場で動かない様にするには、重心をカラダの真ん中に置くことになります。

この重心がずれてしまったのが、いわゆる「悪い姿勢」です。
悪い姿勢にもメリットはありますが、コレが原因でカラダがうまく動かせない事が多々おこってしまいます。

お腹のあたりでコロコロ転がる玉のような重心。
いきなり感じるのは難しいですが、意識することから始めてみるのが良いのかな?と思います。

 

次回は

重心と重力って?
のお話しです。

おしまい