今日は、
「犬が苦手なジョー君」のお話しです。

 

ジョー君。
家のすぐ側に住んでいるワンちゃんです。

あんまりワンちゃん付き合いが得意でないジョー君。
家にいたコーギーちゃんが唯一のお友だちでした。

コーギーちゃんが亡くなったときも、サヨウナラをしに来てくれました。
ずーっと側にいてお別れをしてくれました。

この前ジョー君はトリミングに行きました。
そこにコーギーちゃんがいたそうです。

ワンちゃんに寄っていけないジョー君が、ご挨拶に行きました。
大きな声で「ワン!」と吠えられしまったそうです。

家にいたコーギーちゃん?と思って寄っていったみたいです。

ジョー君ごめんね
違う子なんだー。
覚えていてくれて、どうもありがとう。
きっと、お空の上から喜んでるよ〜

 

次回は

筋肉さん、使い方を思い出してくれたの?
のお話しです。

おしまい