今日は、

「犬用車椅子、歩けなくなってからで良いですよね?」

のお話しです。

 

マッサージでイベントに参加する度に、ワンちゃんに元気をもらいます。

もちろん普段から色々と教えてもらえたり、元気をもらっているのですが(^^)

 

ワンちゃんの車椅子のオフ会。

 

そんなにカラダが絶好調の子は居ないのですが、心は絶好調です。

それってとても大切な事です。

 

かわいい写真を…❤️

 

 

車椅子の質問もよく受けます。

 

「使うのは、歩けなくなってからで良いですよね?」

私は、

「歩けなくなる前に使ってください」

とお話しします。

 

車椅子は、歩けない子の為だけのものではありません。

 

調子が悪い子のリハビリにも使えます。
老犬で、朝だけ動きが悪い子も使っています。

 

例えば、

後ろ足の調子が悪くてビッコを引いているとします。
車椅子に乗らなくても歩けます。

でも、

後ろ足の調子が悪いと、前の足に負担がかかります。
その負担の軽減にも使います。

それから、

ちょっと調子がわるいから、動くのもちょっと面倒くさい。
と思う子も、車椅子に乗ると「動きやすいね〜」と動いてくれるかもしれません。

 

車椅子と言うと、

すごく具合の悪い子が使う物

なるべく使いたくない物

と思う方が多いような気がします。

 

車椅子の質問を受けるたび、家にいたコーギーちゃんの動画を見てもらいます。

 

お話しだけだと、

「でも、歩けなくなってからで・・・」

という感じのお母さんも、

ボール投げをしている動画を見て「楽しそう!」

と車椅子に対する考えが変わる方もいます。

 


 

歩けない後ろ足の、股関節が動いているのを見てもらいます。

歩けない=動かない では無いかもしれません。

 

ちょっと試してみる?

 

くらい気楽に考えてみたら?とワンちゃん達が言っているような気がします。

 

 

次回は、

ワンコのカラダにも、トレッキングは良いのです。

のお話しです。

 

おしまい

 

本年もよろしくお願いいたします。