ワンちゃんとの生活は心から楽しい!と思えるための整体。目標は笑ってお散歩できるカラダです。

犬のからだ

  • HOME »
  • 犬のからだ

ワンちゃんと暮らしていても、骨格や姿勢について考えることは少ないと思います。

施術をしていても
「え?この子にも肩甲骨があるんですね!」ということは多いです。

知った時のお母さんたちは嬉しそうです。
「どこですか? これですか?」と言いながら、愛おしそうに触っています。

ぜひお家のワンちゃんのからだを触って確認してみてください。

 

犬のからだ

本当に簡単にからだの部位を書きます。
「ここなのね~」っと触ってみてください。

 

 

犬の立ち方

理想の姿勢が分かれば「うちの子の姿勢あれれ?」と気が付きやすくなると思います。
「どうかな??」と比べてみてください。

 

肩甲骨と上腕骨が90度の角度でつく。
骨盤と大腿骨が90度の角度でつく。
そうすると、歩幅を最大限に動かせます。

前肢は肩甲骨の中心から真っ直ぐ線を引いた真下に足の裏がつく。
後肢は骨盤の後ろあたりから真っ直ぐ線をひいた位置よりも少し後ろに足の裏がつくのか理想です。

 

前からみると、肩甲骨から足の先まで何となく真っすぐです。後ろからみると、骨盤から足先まで真っすぐです。

もちろん犬種によっては違う場合もありますが、一般的なワンちゃんはこの立ち方が理想です。

この角度にぴったりはまる子は少ないと思いますが、体に負担が少なく動きやすい姿勢です。

 

犬の歩き方

毎日見ていると、なかなか気が付かないと思います。
いつもの歩き方も歩幅が狭くなっているかも知れません。
「どうかな~?」の参考にしてみてください。

 

■肩甲骨と骨盤の角度が理想的だと、前肢と後肢の歩幅はほぼ同じになります。

理想的な歩き方です。

 

■骨盤の角度は理想的ですが、肩甲骨の角度が違います。肩甲骨は理想よりも少し立ち気味です。

この肩甲骨の角度だと、前肢を思いきり前に出せなくて歩幅は狭くなってしまいます。

 

■肩甲骨の角度は理想的ですが、骨盤の角度が違います。骨盤は理想よりも立ち気味です。

この骨盤の角度だと、後肢を後ろに蹴りにくくなって、歩幅が狭くなってしまいます。

 

この様に、肩甲骨や骨盤の角度で歩き方が変わってきます。

でもなんで角度が変わるのか・・・
それは筋肉が関係しています。

動きと筋肉

筋肉は骨についていて、筋肉が縮むと骨も動きます。
腕を後ろに蹴り出す筋肉が縮むと、後ろに動きます。

からだを動かすときには、この縮む動きが体中でおきています。

筋肉とコリ

上の絵の、腕を後ろに蹴りだしているワンちゃん。
もし縮めた筋肉が縮んだままだったら・・・
私達が二の腕を後ろから引っ張られているような感じで、腕を前に動かしにくくなってしまいます。

これが「コリ」です。

コリで動かしにくくなる = 肩甲骨や骨盤の動きが悪くなる

肩甲骨も骨盤にも筋肉が着いています。
コリが原因で歩き方も変わってきます。

これが肩甲骨や骨盤の角度が変わる理由です。

恐れ入りますが、なるべくお問合せフォームからお願い致します TEL 050-5276-8709 受付時間10:00-18:00 [ 不定休 ]

PAGETOP
Copyright © 犬と人の整体 犬とあるこ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.